珍味と言われるカニ味噌!美味しい食べ方・調理方法とは?

珍味と言われるカニ味噌!美味しい食べ方・調理方法とは?

かにみそ

かにと言えばかに味噌も外せません!
でも

  • 「カニは好きだけどカニ味噌ってどうやって食べるの?」
  • 「カニ味噌はあの見た目が受け付けない…」

という方は多いのではないでしょうか?

 

カニ味噌は、あの色や食感が受け付けないという人も多く、味も好きではないという人もいます。
でも、おいしく食べるための方法を知ることで、カニ味噌を楽しむことが出来ますよ!

 

 

カニ味噌はのうみそじゃない!?

カニ味噌は、節足動物や軟体動物にしかないもので、珍味といわれるものです。
かに味噌は、実は「蟹の脳みそ」ではありません。
脳味噌ではなく「中腸腺」と言う消化器官の中の一部なんです。
かに味噌だけでなく、「いかわた」なども同じ中腸腺のようです。
(確かに味などは少し似ていますよね…!)
このカニ味噌の色を見ると、そのカニが何を食べてきたのかがわかるといわれます。
黒いカニ味噌のカニは、海藻類をたくさん食べてきたのでしょう。
オレンジ色のカニ味噌のカニは、海貝類を多く食べてきたと思われます。

 

かに味噌の美味しい食べ方・おすすめ3選!

美味しい食べ方〜そのまま食べる〜

ボイルしたカニのカニ味噌は、火が通った状態ですのでそのまま食べられます。
ただ、時間が経つとお腹を壊す原因になりますので、できるだけ当日中に食べるようにしましょう。

 

そのまま蟹味噌単体で食べる以外には、軍艦巻きやカニ味噌丼などにして食べるのがおすすめです。
お料理が苦手でも、カニ味噌をそのまま使って簡単にできますよ。

 

美味しい食べ方〜コクを出して食べる〜

かにみそパスタ

更によく食べられているカニ味噌の食べ方としては、パスタソースに加えてコクを出すのに使うこと!
鍋にカニ味噌を入れても濃厚な味にすることができます。

 

カニ味噌は殻のまま網の上などで汁気がなくなる直前まで焼くと、カニ味噌ダレができます。
カニの身に付けて食べたり、キュウリなどに付けて食べるなど、おいしい味噌ダレとしても楽しめます。

 

おみそ汁に入れたり、ラーメンに入れたりしても、コクが出ておいしく食べられます。
沢山のかにが手に入った場合は、是非様々なお料理にあわせてみることをおすすめします♪

 

美味しい食べ方〜炊き込みご飯にする〜

カニ味噌を使って、炊き込みご飯もできます。
カニの炊き込みご飯を炊く人はたくさんいると思いますが、カニ味噌も一緒に入れて炊くとおいしい炊き込みご飯になるんです!
カニ味噌を入れるので余計な味付けの必要もありません。
カニ味噌もご飯と一緒に火が入って、カニも一緒に楽しめますので、世代を問わず食べられるでしょう。

 

カニ味噌は、好きな人には珍味といわれるもので、新鮮なものを生で食べます。
ただ見た目や独特な風味が苦手な方もたくさんいますよね。

 

おいしく食べる方法を知れば、火を入れることで安心もできますので、苦手意識を持っている方にもぜひ楽しんで欲しいです。

かに味噌を食べたい人は、「すがた」の購入がおすすめ!

かにミソは個別に瓶詰めになっているものなどもありますが、やっぱりかにの身を一緒に食べたいものですよね。
そこでおすすめなのは、蟹が一体まるごと届く「カニの姿」。
このサイトで紹介しているかに専門店でも、すがたの販売がありますよ♪

かに本舗のかに・姿!

かに本舗のカニ・すがたとかに味噌

かに本舗のボイル姿は、ずわいがに・たらばカニ・毛蟹の3種類で展開しています。
各家庭でお好みのすがたが選べるのが嬉しいですね。

 

>>クリックしてかに本舗のかに・すがたをみる<<

公式サイトはこちら!

 

まとめ

このページでは、かに味噌の食べ方や調理方法を紹介しました。
加熱したりすると味わいも変わりますので、かに味噌をそのまま食べるのが苦手な方も好みの味が見つけられそうです。
かに鍋のつけダレとして、お醤油やポン酢などと少量混ぜたりするのも良さそうですね。
ここで紹介した他にもおいしいレシピを見つけたら、随時追加していきたいと思います!

 


このページの先頭へ戻る